スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急事態。。。

東北関東大震災で被災された方に心からお見舞いを申し上げますとともに
一日も早い救援の手が届きますことをお祈りさせていただきます。
今日も私は普通に生活しています。
でも被災地の方々はこの寒い中暖房も行き届かない避難所でつらい思いを
されていることと思います。
特に災害弱者、お年寄り、子どもそして障がいを持った方々は大変だと
思います。
先日テレビで障がい者向けの情報番組があっていました。
健常者の方も普通は障がい者の方々に普通に接してらっしゃるでしょう。
しかしこの状態の中、避難所にいらっしゃって耳が聞こえない方、目の見えない方
そして精神疾患をもたれた方のフォローがあまり行き届いていないとのこと。
同じ障がいを持ったものとしてとても悲しい思いをしております。
電話リポートである統合性失調の方のお話を聞きました。
避難所で仲間もできて元気に過ごしているけれど、薬があと少しでなくなるとのこと。
薬が切れるのが心配だと言うことでした。
自分の病名は誰にも打ち明けられないとのこと。
そう差別されるのが怖いんです。
精神疾患の方は見た目にはわかりません。
私も15年ほど前から重度の躁鬱病で毎日の薬は欠かせません。
ここ3年ほどは状態も落ち着いて来て何とかやってますが、このたびの
震災で影響されて発生から一週間は水を飲んでも吐いてしまうほど
ひどい状態になりました。
被災地から遠く離れた地域の私でさえこんなだからきっと被災地の
精神疾患の方の苦しみははかりしれません。

私も家族以外には私の病名を隠して生活しています。
友達にももちろん言えません。
なぜならやはり差別があるから…。
私を含めて精神疾患の患者さんは何より人に病名を知られることを極端に
嫌がります。
同じ人間なのにとても悲しいことですがやはり差別があるから…。
だから高血圧の薬や心臓病の薬は大量に被災地に送られても
精神疾患の方のお薬は全然足りていないとのことです。
なぜなら自分から声を出すことはイコール自分の病名を知られることに
なるから…。
私の場合薬がないとまったく眠れません。
安定剤がないとそわそわして大変です。
抗うつ剤がないと動けません。
同じ様な方が避難所に行って、薬がないとただでさえ感情のコントロールが
難しいのにすごく落ち込んである方もおられることと思います。
血圧の薬も、ぜんそくの薬も足りていないことは十分社会に届いています。
どうか同じように抗うつ薬などの精神疾患の薬も至急被災地に送ってください。
そして精神疾患の方も大丈夫だから声を上げて、薬をもらってください。
怖がることはありません。
まず自分の体調をベストにする事が大切です。
差別なんて怖がらないでください。
私はもう差別は怖がりません。

福島の方が差別されてるかの様な報道を聞くとホントに心が痛みます。
福島の方も同じ被災者なんです。
どうして差別してしまうんでしょうね。
どうか皆さん差別を怖がらないで堂々と生きてください。

これから内科的疾患や精神的疾患を抱える方がますます増えていくことと
思います。
私はナースの免許もドクターの免許も薬剤師の免許も持ちません。
免許を持っている精神科のドクターができるだけ多く被災地に行かれることを
願っています。
精神疾患をもたれている方、今声を上げてください。
取り返しのつかない自体になってからでは遅いんです。
どうか差別を怖がらないで…同じ人間なんだからきっとわかり合えます。
そして同じ被災者なんですから…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

差別…  よくわからないけど、たぶん
みんな自分がわからない物事に対して構えてしまうのでしょうね。
福島から逃げてきた人をなぜ特別視するのか…(信じられないけど)
きっと知識がなさすぎて判断できないのでしょうね。
ネットとテレビをきちんと見ていれば、野菜にしてもリスクなどほとんどないことがわかるのに、浅はかな知識とうわさだけで動いている多くの人たちは 避難してきた人にさえ簡単な判断がつかないんですね。

病についても、高血圧やぜんそくはなんとなくわかっても、精神疾患に対しての知識が少ないから、差別と言うのではなく、わからなくて構えてしまうのだと思います。
ちょっとした言葉で傷ついてしまうのかな、とか 
突然怒り出したりするかたについては何かとためらってしまうし、
わからないから一歩をおいてしまったり、ずかずかと踏みこんで行けないだけで、それはたぶん差別ではない気がしますよ。

まだまだ悲しい記事が続いて心が休まるときがありませんが、
体調に気をつけて、大切な家族たちと一緒に
ゆっくりと時間をお過ごし下さいね(*^_^*)☆
春になって、お会いできるのを楽しみにしています♪

No title

NHKの放送、私も見ました。
水や食料生活用品はもちろん必要ですが、お薬を欠かせない大勢の方々がいらっしゃる事を忘れてはいけませんよね。
私の義弟も脳出血の後遺症で、40代からお薬を飲み続けていて、それを欠かすことが出来ません。
一分一秒でも早く、お医者様やお薬が届き、お身体とお気持ちが安らぐように祈るばかりです。
レネママさんもどうぞお身体を大切になさって下さいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちわ
みぃも一時期長い間ですが
「うつ病」お薬にお世話になっていました。
睡眠薬が無いと眠れませんし
安定剤が無いと心がザワザワしてしょうがなかったし・・・。
精神の病は目に見える病気ではないので
人は「自分の判断」で色々なことを言いますよね・・悲しいですが。

ルビマリママさんへ

そうかもしれませんね。
殻にこもってしまってなかなかわかってもらおうとしない方にも問題があるのかもしれません。
旦那の弟嫁の実家などはきちがいとは親戚づきあいはできないといってまったく親戚づきあいはありません。
旦那は向こうがおかしいからほっておけと言いますが…なかなか複雑です。
最近は若い人は割と理解がありますが、田舎の年齢を重ねた方の方が見る目は厳しいですね。
今はまさに緊急事態。
みんなに薬が行き渡ることを切に願います。
そしてこれからおそらく鬱病の方が避難所の中でも増えることと思いますのでできるだけ早いうちに精神科のドクターとお薬が届くことを願うばかりです。

自閉症の方は環境が変わると大声を出したりする方が大多数です。
あと薬がなければ幻聴が聞こえる方もおられます。
躁鬱病に関して言えばマイナス思考になられる方もおられるでしょう。
私は人から言われたことで傷つくと言うことはあまりありませんがとにかく物事にとらわれやすいのは確かだと思います。
もう少し普段から健常者の皆さんと交流する場所があればいいんでしょうけれどね。

この間病院の先生の薦めもあって鹿児島オフ会にいってきました。
そこで久しぶりにサンドウィッチを食べることができました。
タクトのお兄さんにもあってよかったです。
またしばらくがんばらないといけませんね。

sachiさんへ

義弟さんもお薬が欠かせないんですね。
やっぱり普段薬なければ生活する上で問題になる方がたくさんいらっしゃることに改めて驚きました。
それと同時にそのたくさんの方になるべく早く医薬品を届けて欲しいとホントに切に思います。
私も上記のように薬がなければ平静を保つことができません。
今までは何とはなしに飲んでいた薬のありがたさが身にしみた今回の出来事でした。
だからこそ思うのです。
できるだけたくさんの症状の方にそれぞれのお薬が届きますように…そのためには医薬品メーカーの方また物流関係の方のがんばりが必要となってきます。
どうかできるだけ早く被災者の方にお薬が届きますように…。

鍵コメさんへ

やっぱり普通の会社にもおられるんですね。
私たちは失言が怖いのではありません。
普通に接していただきたいのです。
かえって気を遣われる方が自分がおかしいのかななどと取り越し苦労します。
お勉強なさっているってホントに頭が下がる思いです。
でもそんな方は絶対に差別などされない方だと思います。
差別される方はホントに顕著です。

最近精神科という前に心療内科という看板を掛けた病院が多いです。
私が通う病院もそうですが、病院自体精神科と掲げると患者さんが来ないそうです。
中身はばりばりの精神科なのに…おかしな話ですね。
みんな自分は精神科には行きたくないって方が多いみたいです。
だから心療内科という形でのクリニックが数多く存在するんですね。
みんな患者自身が差別しているこの現状では健常者の方にわかって欲しいと言っても伝わりませんよね。

とにかく一刻も早く薬を現地に届けて欲しいです。
その一言に尽きます。

鍵コメ2さんへ

この緊急事態なのでみんな自分の病気を他の人に理解してもらうための勇気を持って欲しいと思います。
何十万人もの人が今ひとつにならなければいけないときに、差別やなにかをしているときじゃないんです。
病気を隠していても発作やなにかでかえって悪い方向に進む方もいらっしゃるでしょう。
こんなときだからこそ、自分が普段飲んでる薬を避難所の方にリクエストして欲しいと思います。
きっとわかってくれるはず…精神疾患の方の多くがおそらく自分の飲んでいる薬がなにかと言うことは把握しているはず(今までの経験から)
だから具体的に言うことができると思うのです。
血圧の薬と同様に安定剤や眠剤を頼んでください。
今勇気を持って声を出すことがきっとその方の病気を軽くする唯一の手段ではないかと思います。

それにはまず薬がないことには話しになりません。
とにかく一刻も早く避難所に薬を運んでくださることを願いばかりです。

みぃさんへ

みぃさんもきつかったですね。
私は今でこそココまでできますが一年間は入院生活をした経験もあります。
もうここから出られないかも…と思ったことも何度もあります。
奇跡的に普段の生活上支障をきたさないくらいになりましたが、今でも2週間に1度病院に通っています。
薬…切実な問題ですよね。
私も今これがないとどうしようもありません。
今私が被災者ならば絶対に欲しいものはやはり薬でしょう。
ゴハンは我慢できますが、薬はないと動けません。
そんな方がたくさんいらっしゃるかと思うと胸が痛みます。
どうか早く皆さんにお薬を届けてください…私が訴えたいのはそのことのみです。
プロフィール

レネママ

Author:レネママ
ユウ:2004.8.6生まれ
ミニチュアダックス
 大人しい、大きい、
 特技 どこででも寝れる
レネット(通称レネ):2009.3.3.生まれ 
パピヨン    
 王女気質、甘えん坊、高いところが好き
 特技 カチカチ踊り 
タクト:2010.5.20生まれ
パピヨン
 やんちゃ、甘えん坊、勝ち気
 特技 ジャンプ
チャロ:2012.5.20生まれ
 体がやわらかい、やんちゃ
 特技柵のぼり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。