スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になったレン。。。

空

今日もきれいな雲一つない青空です。
こんな日はレンを思い出します。
レンが天国へと旅だった日もこんな雲一つない青空でした。


ウチにはレンというミニチュアダックスの女の子がいました。
レンは近くのホームセンターのペットショップから2ヶ月の
ときウチにやってきました。

標準よりかなり小さめの子でした。
えさをあんまり食べないので缶詰を混ぜて食べさせると
完食しました。

その後数時間で土のこの様になり慌てて病院に電話しましたが
先生不在だったので福岡市にある夜間救急に連れて行きました。
レントゲンの結果肺炎と消化不良が見つかり緊急手当を
していただきました。

血液検査の結果アンモニア値が非常に高いこと、それと
普通のえさを消化できていないことから門脈シャントの
疑いが強いということ。
門脈シャント…ユウが初めて痙攣を起こしたときに
疑われた病名です。
この病気は先天的なものでつまり長くは生きられない
と言うことを意味しています。
ユウは結局この病気ではなかったのですが、
後日かかりつけの病院で検査した結果レンは門脈シャント
でした。

手術で少し長く生きることができる事が時々ありますが
それは手術可能な子という限定付きです。
800グラムしかないレンには無理な話でした。
先生からのお話だと長くて2年…。

私たちはとにかくレンをなるべく普通の子と同じように
してあげたいと先生にお願いしました。

もともと甘えんぼで人にもすごくよくなれたわんこだったので
元気なときはとても活発でしたが、すぐに肺炎を起こしたり
貧血を起こしたりの繰り返しでほぼ毎日のように病院に
通いました。

その甲斐あって無事2歳の誕生日を迎えてほっとした矢先
合併症の心臓発作であっという間に天国へと旅だって行きました。

最後に顔をあげたとき
「ママ、レンはもうだめ。先に虹のたもとで待ってるわ。」
と言っているようでした。
その後パパとお兄ちゃんが病院に着いたのを確認するかのように
息を引き取りました。

  享年2歳と1ヶ月…。

それから初七日までママはゴハンを食べることができませんでした。
病院の会計を済ませてやっと一息ついたときに
今度は元気なワンちゃんを育てたいと思いつきました。



今家庭で飼われているワンちゃんの多くがペットショップ出身の
ワンちゃんだと思います。

でも本当にそれで良いのでしょうか?

ウチの場合たまたまなのかもしれませんがユウもレンもペットショップ
出身で先天性の病気がありました。

それをペットショップの社長さんに言うと「見舞金1万円お渡しいます」
とか「2年生きれば十分でしょう」とか信じられない様な対応でした。
ペットショップではワンちゃんを商品としてみているとしか思えません。
ちなみにユウとレンは違う県の違うペットショップです。
しかし対応は全く一緒でした。

すべてのペットショップがそうだとは言いません。
しかし私たちが購入したショップは2軒ともそうでした。

電化製品やなんかじゃない、生き物を販売しているのですから
もう少し真摯な態度で臨んで欲しいと願うばかりです。

ちなみに今私たちはレネットを家族に迎えて本当によかったと感じています。
FFさんに出会えたことまた親戚さんやお友達に出会えたことは本当に幸せです。

今日はユウレネのことではありませんでしたが皆さんにレンの存在を
知っていただきいろいろ考えていただきたいと思いここに記しました。
ちなみにレンはいま私の目の前の棚にいます。
パソコン打ったりご飯食べるときに一番よく見える場所です。

   寂しがり屋の甘えんぼさんだったので…。

   そして何よりママが大好きだったので…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レンちゃん、とっても幸せな2年間だったと思います。
もちろん、病気で苦しかったかもだけど、レネママさんパパさんお兄ちゃんの家族になれて☆
このブログを読んでると、どれだけレンちゃんを大切にしてたかが分かりますもん!!
心もとない飼い主さんに出会わなくて良かった!!
レネママさんと出会えてほんと良かった!!
病気になったから返すって返しにくる人もいるくらいです(怒)
ペットショップも人も、もう少しずつ良くなればいいですよね。。。
辛い思いをさせたくないですもん。
飼ったからには、最後まで!ペットショップも人もそうでなければ!!
そういうビジネスしちゃいけないです!!

さっちーさんへ

病気だからって返す人もいるんですね。
ペットはおもちゃのように考えている人も中にはいるようですからね。
私たちにとってはユウもレンもそしてレネも大切な家族って思ってます。
人それぞれでしょうが常に相手は生き物なんだという感覚を忘れないで欲しいと思います。
獣医さんにも言われました。
ホントによく頑張ったねと。
レンは家族になってくれてありがとうっていってるよと。
私たちはその言葉に救われました。
良心的なペットショップや飼い主さんが増えてワンちゃんがみんな幸せになることを祈るばかりです。

No title

レンちゃん、短くても充実してしあわせいっぱいの一生を送れたんですね。
でも、やはり短い。
もっと、ずっとずっと一緒に過ごしたかったのに・・・って思いますよね。
いつかは人間もわんこも亡くなるものだけど、できるだけ長く・・・って。
そう考えると、遺伝の病気があっても気にもせずにブリードしている繁殖者を恨んでしまいます。
でもね、ペットショップは特にそういった子が多いのだと思うケド、
ブリーダーさんも同じなんですよね。
気にかけています、と言っている所もあるけど(コレも本当なんだか…)
友人の所は、結構有名な個人ブリーダーさんから迎えた子が、遺伝の病気でした。
明らかに遺伝の病気を持ったお父さんパピヨンから たくさんの病気の子パピが産まれていて、ブリーダーに聞いたところ、認めたものの周りにひどい噂を流されたり 手ひどい仕打ちをされたそうです・・・
友達も噂を信じて、去ってしまったとか。
誰にも遺伝の病気のコトをばれないように、その人の連絡先を自身のHPから消してしまったり、更に真相を知った人の連絡先もどんどん消していったそうです。・・・コワっ(+o+)
マリリンのおじいちゃんにあたる犬舎でも、目の見えない子をそうとわかってて売りつけたり、餌も与えず虐待したり・・・
ブリーダーさんを選ぶにしても、ちゃんと見極めが必要だと思いました。
FFさんは、本当に明るい性格の子が多いことを考えても、わんわん日記を読んでても(笑) ママさんがいい方で、安心できます!!

No title

レンちゃん、苦しいこともあったでしょうけど幸せだったと思います。
レネママさんも大変でしたでしょうね。健康であっても、子犬のうちは色々心配なことがあるのに・・・
ウチも昨年、ヒロと言うパピヨンが、突然12歳2ヶ月でお星様になり、しばらく体調をくずしてしまいました。
生き物には寿命があるけど、生きているときに如何に幸せだったかが大事なことだと思います。
ユウちゃん、レネちゃん、そしてルイが幸せな人生{犬生?}を送れるようにサポート出来たらいいですね。

辛いことがあったのですね…

レンちゃんよく頑張りましたね(^_^)
私もレンちゃんはとても幸せだったと思いますよ(^_^)

私も最初に飼ったパピヨンの凛は10日でワクチンで亡くなったのですが、
ショップさんは代わりの子を…
と言ってくださいましたが、同じところから迎える気にはなりませんでしたね…

リリィもショップですが、誇りとこだわりを持った素敵なご夫婦なので、ずっとお世話になっています。

ブリーダーさんもショップさんもいろいろですから、
信頼出来る方に出会えたことに感謝ですね。

レンちゃんとうちの凛、天国で出会えているといいな(^_^)
きっと凛は私の母と一緒にいる気がするんだけど…

今度聞いてみようかな~(^_^)

レンちゃんともいつかお話しさせてくださいね(^_^)

ルビマリママさんへ

ユウもレンも無理な交配が原因だと思います。
2匹ともシルバーダップルという特殊な色なので高く売れるので
無理な交配をしていたと考えられると獣医さんは言われました。
この色が珍しくて好きでウチに迎えたのですがやはりスタンダードの
色からあまりに逸脱した色は無理な交配を繰り返してやがて病気の
子が多く出てくる…というのが私たちが調べた結果です。

有名なブリーダーさんでさえそんなことがあるんですね。
本当にそのワンちゃんのことを考えてくれるブリーダーさんが増えることを望むばかりです。
この問題は今のペットブームにおいて大変大きな問題ではないかと
思います。
ワンちゃんを飼うときはしっかりとしたブリーダーさん選びからしなければならないと思います。
この様な問題は決して表沙汰にはなりません。
でもワンちゃんは家族であり生き物であると言う感覚をすべての人々が持っていただきたいと思います。
できるだけ長く一緒に生活したい…それが今の我が家の目標です。
FFさんはレネがマロン君と同じヘルニアだったことをあげ、レネに子どもを産ませることに反対されました。
なぜならヘルニアは遺伝するから…。
そのことを聞いたときこのブリーダーさんはちゃんとしているなと思いました。
こんなブリーダーさんが増えてくれるとうれしいんですけどね。

sachiさんへ

sachiさんのところもヒロちゃん(君かな)がなくなってから大変だったんですね。
突然のお別れって力が抜けて何もできなくなりますよね。
ウチの場合先生からいつどうなってもおかしくないから覚悟しておくように言われ続けていたのでまだよかったんですが、でもつらく後悔の日々をしばらく送りました。

でも今レネを迎えて本当によかったと感じています。
レンのときはあまりに毎日が早くて十分親ばかぶりを発揮することができませんでしたが、レネのときは心に余裕もできてブログまで書いている親ばかぶりです。(笑)
ルイ君もsachiさんのところに行ってきっと幸せだと思います。
こうやってちゃんと妹やお姉さんの存在があるだけでも私はレネやルイ君も幸せなんだと思っています。
ヒロちゃんとレン…犬種は違うけれど天国で一緒に遊んでいるかもしれませんね。

りりやんままさんへ

りりやんママさんもつらい経験があったんですね。
凜君きっと天国で幸せにしていると思いますよ。
でも10日でなくなるなんて…。
そのショップからはやはり2度とは買いたくないですよね。
でもりりぃちゃんのショップさんはとても信頼できそう。
そんなショップさんが一件でも多くなることを望みたいですね。
やはりチェーン店を持っているショップよりは個人で責任もってやってあるところの方が信頼が置けるようです。
ウチはユウもレンもチェーン店のショップでレンのショップは福岡県内では割と有名なところだったのですが…。

レンと凜ちゃんきっと一緒に遊んでいると思いますよ。
だってレネとりりぃちゃんも会って一緒に遊んだから…。

No title

もう2年近く前のことになりますが、母娘のパピ友を亡くしました。
よかパピに参加する以前からのお友達で、参加後もまたお友達…
3歳の誕生日まで数日後というところで、逝ってしまったのです。
その子もまた、先天性の門脈シャントだったんですよ。
私にとっては、レンちゃんのことも大変身近に感じられます。
こればっかりは…ね、やはり繁殖の問題としか言いようがありません。
FFさんに最初に相談に行った際、ボディチェックと血統書の確認をして
頂きましたよ!ウチも。(笑)
で、お許しを頂けました…あそこでNGなら、らむねは産まれていないんだなと、
ふと懐かしい事を思い出しましたねぇ。。。

phoenixさんへ

そんなことがあったんですね。
やはりきちんとした繁殖をしていただきたいと祈るばかりです。
門脈シャントはホントどうしようもありませんからね。
パピちゃんいるんですね。
めろんちゃんとらむねちゃんのお友達のパピちゃんも天国でレンとあっているかもしれませんね。
FFさんで血統書とボディチェックされたんですか?(笑)
めろんちゃんは骨格も良いし血統もよかったんですね。
レネは小さいとき小さなヘルニアがあったので繁殖はできないと
FFさんにだめ出しされました。
ホントはレネにも子犬産ませたかったのですけどね。
ヘルニアは遺伝するとのこと。
だからだめだと言うことです。
こんなにきちんとしたブリーダーさんがいるという事は私にとってうれしい限りです。
レネがだめ出しされたのは残念ですが…。

No title

レンちゃんはレネママさんちにきてとっても幸せな毎日だったと思います。
しあわせになるためにレネママさんちに来たのかもしれませんね~。

うちはムースの前の子を迎えるにあたり、
最初にインターネットでいろいろ調べて、
そしてうちのブリーダーさんに決めました。
多分ぱっと見わからないと思いますが、
ムースの前足はS字脚といって曲がっています。
本来パピヨンであればまっすぐなのが正常です。
人間でいうO脚程度なため健康には全く支障がないのですが、
うちのブリーダーさんはそれでもムースは売れないと言われました。
それをあえて頼み込んでムースを譲り受けました。
ムースは前の子と両親同じの兄弟で、前の子を交通事故で亡くした時に、ママのおなかにいた子です。
どうしてもその子がほしかったのです。
ムースがいなかったら、私たち家族は立ち直れなかった。
悪いところもきちんと伺った上での結論でした。

ほんとに誠実なブリーダーさんがいる半面、
物としか思っていないブリーダーさんもいるのも現状です。
そういうところから買わなければ、減っていくのでしょうけれど、
やはり日本ではブリーダーからの直接購入というシステムは
あまり見受けられないようです。
かなしい現実ですね。。。

saikoさんへ

ムース君の足ちっともわかりませんでした。
saikoさんのところに来てムース君も幸せでしたね。
ムース君をどうしても欲しかったと言うsaikoさんのお気持ち
よくわかります。
saikoさんもつらい思いをされたことがあるんですね。

繁殖…ブリーダーさんも様々です。
いかにきちんとした繁殖を行っているブリーダーさんを選ぶか
これは飼う側がきちんと調べた上できちんと納得した上で
飼うべきなんでしょうね。
最近のペットブームに乗っていい加減なブリーダーさんの多いこと
これは本当に問題だと思います。
ウチにくる宅急便のおじさんが日本犬、柴のブリーダーを兼業で
されているんですがこの方もすごく熱心な良いブリーダーさんです。
その方が今のブリーダーさんの現状を嘆いておられました。
とにかくスタンダードに近い子が欲しい…ドッグショウでチャンピオンを
何頭も出されてある方は変な交配は絶対されてません。
ブリーダーさんにも考えていただきたいものです。
プロフィール

Author:レネママ
ユウ:2004.8.6生まれ
ミニチュアダックス
 大人しい、大きい、
 特技 どこででも寝れる
レネット(通称レネ):2009.3.3.生まれ 
パピヨン    
 王女気質、甘えん坊、高いところが好き
 特技 カチカチ踊り 
タクト:2010.5.20生まれ
パピヨン
 やんちゃ、甘えん坊、勝ち気
 特技 ジャンプ
チャロ:2012.5.20生まれ
 体がやわらかい、やんちゃ
 特技柵のぼり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。